ヤング
ジュヴナイル
ユース

Youth/A Way Out

Y
o
u
t
h
/
A
W
a
y
O
u
t

Music Video

Youth

00'00"00

Song for “KAMUY”

A Way Out

00'00"00

Youth / Music Video

04 : 20

Credit

Direction : Kosai Sekine
Pranner : Toshiyuki Takei, Kazushige Fujie / Project Management : Shunsuke Imoto, Hiroto Yoshida
Camera : Senzo Ueno / Lighting : Masachio Nishida / Art : Tateo Yanagimachi / Styling : Remi Takenouchi
Hair Make : Tomomi Fukuchi / CG : Toru Hayai, Atsushi Yamazumi (BOOK) / Coloring : Ben Conkey (Cutters)
OffLine Editt : Ryuichi Hasegawa (TOKYO) / OnLine Editt : Hitoshi Kimura (BOOK)
Production : TOKYO, TAIYO KIKAKU co.ltd.
-
Direction : 関根 光才
Pranner : 武井 寿幸, 藤江 一成 / Project Management : 井元 俊輔, 吉田 悠人
Camera : 上野 千蔵 / Lighting : 西田 まさちお / Art : 柳町 建夫 / Styling : 竹内 レミ
Hair Make : 福地 智美 / CG : 早井 亨, 山角 篤志 (BOOK) / Coloring : Ben Conkey (Cutters)
OffLine Editt : 長谷川 隆一 (TOKYO) / OnLine Editt : 木村 仁 (BOOK)
Production : TOKYO, 太陽企画

play

A Way Out / song for “KAMUY”

01 : 36

人類は進化しているのだろうか。

モノがあふれ、情報があふれ、人間の本質が秒ごとに変わっていく現在。果たして進化の定義はどこにあるのだろうか?

男性は幾多もの破壊を行い、女性が幾多もの生命を誕生させてきた。
もし男性に生命を誕生させる機能があれば、そこに新しい平和の価値観が生まれるかもしれない。

お腹に子を宿すひとりの兵士。彼の中に生まれる母性が、彼を苦しめる。
胎児を育む母胎の中の宇宙。その宇宙で胎児が見る世界とは。

現代の人間が考えなくてはいけない事、未来に残すもの。
生と死・性と命とをテーマに、その根源である「生きぬくチカラ」を信じたチームが手がける
新感覚のCG技術と斬新な脚本アイデアが凝縮された10分間の脳内革命アートフィルム。

“KAMUY” official site : http://nion.tokyo/kamuy

play

ヤング
ジュヴナイル
ユース

Y
o
u
t
h
/
A
W
a
y
O
u
t

“Youth”Music Video

Credit

“A Way Out”for KAMUY

Info

Youth/A Way Out

Y
o
u
t
h
/
A
W
a
y
O
u
t
type :

Cassette

カセット

>

1. Youth
2. A Way Out
3. Youth (Tropical Cold Flip)
4. A Way Out (Deconstruct Dub)
5. Hive (Stretch)

1,500 yen + tax

Online

オンライン

>

1. Youth
2. A Way Out
3. Youth (Tropical Cold Flip)

Get it on iTunes / 2016.10.28 On Sale>

All music written by Young Juvenile Youth
All songs and lyrics written by Yuki
All tracks composed, programmed, and recorded by JEMAPUR
All tracks mixed at Magical Complete Studio
Mastered by Rashad Becker at Dubplates & Mastering Berlin
-
Track A1 :
Co-Produced by Erik Luebs, Drums - Palmecho,
Mixed by Yoshiaki Onishi (prime sound studio form)
Track A2 :
Electric Guitar - Cutsigh,
Recorded by Ryu Kawashima at Red Bull Studios Tokyo
Track A3, A4 :
Remixed by JEMAPUR
-
Illustration by Yuki, Artworks by Mark Drew, Logo by hydekick

Young
Juvenile
Youth

ヤング
ジュヴナイル
ユース

Young Juvenile Youthは2012年より活動をスタートした 
エレクトロニックミュージックユニット。
ゆう姫のマットとグロスが絶妙に入り混じる天性のヴォイスと、
硬派なスタンスで攻撃的かつ緻密な美しさを伴う作品群を 
国内外の様々なレーベルからリリースしてきた 
JEMAPURのトラックメイキングが、
これまでのポップミュージックでは見ることの無かった均衡点で結線。

デビュー作「Anti Everything」と「More For Me, More For You」
の2作品の12inchEPヴァイナルをPhaseworksよりリリース。
2015年には、iTunesが世界中のニューカマーの中から厳選する 
「NEW ARTIST スポットライト」に選出された。
同年Beat Recordsよりリリースされたミニアルバム 「Animation」は、
iTunes エレクトロニックチャートにおいて最高7週連続1位を獲得。

映像作家・関根光才監督が手がけた同MV「Animation」は、
海外メディアを中心に各方面で話題を呼んだ。
近年では、Taicoclub、朝霧JAM、EMAF TOKYOなどへ出演や、
META FIVEのオープニングアクトをつとめるなど、
精力的なライヴ活動を行っている。

Pre-order on iTunes

Young Juvenile Youthは2012年より活動をスタートしたエレクトロニックミュージックデュオ。
シンガー・ゆう姫のマットとグロスが絶妙に入り混じる天性のヴォイスと攻撃的かつ緻密な美しさを伴う作品群をリリースしてきたJEMAPURのトラックメイキングが、これまでのポップミュージックでは見ることの無かった均衡点で結線。

2013年、デビュー作となる「Anti Everything」と「More For Me, More For You」の2作品は、ゆう姫がアートワークを手掛けアーティスト自身によるハンドプリンティング・シルクスクリーン仕様の数量限定12inch EPヴァイナルレコードをリリースした。
2015年には、iTunesが世界中のニューカマーの中から厳選する「NEW ARTIST スポットライト」に選出され、6月にリリースされたミニアルバム 「Animation」は、iTunes エレクトロニックチャートにおいて最高7週連続1位を獲得。
映像作家・関根光才監督が手がけたMV「Animation」は海外メディアを中心に各方面で話題を呼んだ。
近年では、Taicoclub、朝霧JAM、EMAF TOKYOなどへ出演や、METAFIVEのオープニングアクトをつとめるなど、精力的なライヴ活動を行っている。

Young Juvenile Youth (YJY) is an Electronic music duo from Japan that consists of vocalist and composer Yuki, and the electronic music composer JEMAPUR.

In 2013, their first 2 EPs, “Anti Everything” and “More For Me, More For You” were released as self-hand printed 12inch vinyl records.
In 2015, they were chosen for iTunes “New Artist Spotlight” and their first mini album “Animation” hit #1 on the electronic charts for 7 consecutive weeks.
The music video “Animation” was directed by Kosai Sekine and picked up by various media world wide.

On the same year they made a sensational appearance at numerous music festivals as Taicoclub, Asagiri JAM, EMAF Tokyo. Early in 2016, they were chosen for an opening act for METAFIVE lead by Yukihiro Takahashi, the former member of YMO.